Nostalgic Patrol Cars Season 2

ディオラマ館


Die Geschichte an einem Tag








ミニカーは、もともとは鉄道模型のアクセサリーとして生まれたそうです。日本でもイギリス製品が輸入されはじめた1960年代には、ガソリンスタンド/道路標識/フィギュア(人形)などのアクセサリーが同時に紹介され、ミニカーを「情景」として楽しむことがむしろ自然な流れでした。

しかしいつのまにか、ミニカーは単体でコレクションされることが主流になってしまい、その結果として、現在では1/43サイズのアクセサリーは、日本ではほとんど売られておらず、1/64スケール(本来はアメリカのSゲージ鉄道模型のサイズ)は世界的に見てもほとんど入手できないのが実情です。
(ニュルンベルク玩具博物館が、Sゲージでの大きなレイアウトを所有・展示しています。)

そんな環境の中で、いくつかのディオラマ(情景)づくりを試みています。クルマ/建物/人形などを同じスケールで揃えなければならない関係で色々な制約が発生し、作るたびにスケールがまちまちになってしまっている点はお許しください。

商品として販売用のプラケースの中にネジどめされたミニカーがいわば「剥製のクルマ」だとすると、仮に風景写真1枚や人形1体、樹木の1本でもそばに置いてやることによって、ミニチュアは息を吹き返し、街の中で元気に生息していた頃のアクティブな呼吸を取り戻します。
日本ではもう感じることがなくなってしまった、ちょっとガソリン臭い排気ガスの匂いがして来ませんか?
(2009/10/30改訂)



Contents









 インゴルシュタットの休日(1/43スケール)
 A rescue mission on a holiday in Ingolstadt
 マルテザー災害派遣救助隊(1/87スケール)
 Malteser emergency field hospital in 1/87 scale












旧コンテンツ

以下は、別サーバに格納されている旧コンテンツです。
一定期間経過後に廃止を予定していますので、情報として必要な場合は、ご覧のブラウザでページ保存をしていただきますよう、お願いいたします。

 トミカのまち・1973(1/64スケール)
 Tomica Town in 1973, 1/60 scale
 猫町温泉駐在所(1/150スケール)
 A small model railroad in 1/150 scale
 マッチボックス・タウン(1/64スケール)
 The Matchbox Town in 1/64 scale
 LAPD特殊車両迎撃隊(1/43スケール)
 Model garage of LAPD in 1/43 scale